<TOTOジャパンクラシック 事前情報◇5日◇近鉄賢島カンツリークラブ(6,506ヤード・パー72)>

 11月6日(金)に開幕する日米共催競技「TOTOジャパンクラシック」。鈴木愛が最終調整を行った。

イ・ボミらがレセプションでドレスアップ
 昨年は初出場ながら13位フィニッシュ。2日目に“64”を出すなど存在感を存分に発揮した鈴木。今年は今季初勝利を目指して戦っていく。

 今日は姉のように慕う宮里美香と練習ラウンドを実施。「全米女子オープン」で練習ラウンドに誘ってもらうなど色々お世話になった先輩から、異国の地で活躍するエッセンスを吸収した。

 中でも鈴木が「同じ位置から練習した」と言うほど身に付けたいのが宮里のショートゲーム。「美香さんは私なら普通にアプローチをする場所からショートロブで上げて止めたりしてました」。言葉こそ交わさなかったが「見て覚えました」と1つでも自分のものにしようと、師匠の一挙手一投足に気を配った。

 他にも「入らないようなバンカーもしっかり練習していたり、ショットは淡々とやってグリーン周りを入念にやったり」と練習ラウンドそのものに対する姿勢1つ1つが勉強となった。

 そんな鈴木は昨日、伊勢神宮に願掛け。願いはもちろん「早く2勝目を挙げられるように」。先週の「樋口久子 Pontaレディス」では8月以来となるベスト10フィニッシュ。「やっと調子も良くなってきて優勝にチャンスが出てきたと思う」と復調気味のゴルフに、先輩から学んだ技術、そしてパワースポットからの力を加えて今季初勝利を目指していく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>