<富士フイルム シニア チャンピオンシップ 初日◇5日◇ザ・カントリークラブ・ジャパン(7,006ヤード・パー72)>

 2013年のシニアツアー参戦から2年連続でシードを獲得している52歳・清水洋一が『富士フイルムシニア』初日に4バーディ・ノーボギーの安定したプレーを披露し、レギュラー・シニア含めてのツアー初優勝へ向けて、首位と1打差・2位タイにつけた。

【関連】PGAシニアツアー フォトギャラリー
 「好きなコースなのでイメージがいい」ともともと相性の良さを感じており、さらに2週間前に同コースで開催されたチャレンジツアー最終戦『JGTO Novil FINAL 2015』に出場していたことでフェアウェイが狭い難コースを攻略できたという清水。「自分ではもっと(バーディを)獲れていいんじゃないかと思います」と優勝争いに絡んでいく自信を見せた。

 先週の『日本シニアオープン』最終日は室田とのラウンド。ともに4アンダー発進ながら室田の最終日は“-2”で自身は“+3”。「“こうやって伸ばしていくんだなぁ”って見てました。自分は自滅みたいな感じでしたけど」と鉄人のプレーに刺激を受けた。

 そしてもうひとつ口をついたのは、大会前日記者会見で放たれた同級生のある言葉。「“どんぐりの背比べ”のどんぐりって僕のことでしょうからね」。

 今季10戦4勝と大活躍している崎山が飛躍の要因を問われて「“どんぐりの背比べ”じゃないですけど…レギュラー時代は同じレベルの選手たちと練習ラウンドしたり、生活面をともにしていた。ですがシニアに入って室田さんをはじめ、レギュラー・シニア双方で活躍されている先輩とラウンドしたり行動をともにすることで影響を受けた」と発言。清水は当時の“背比べ相手”が自分であると認識しているという。

 2013年にともにシニアデビューし、かたやシニア通算5勝、かたや未勝利。それだけに「そろそろ“どんぐり”も頑張んないといけないよね」。

<ゴルフ情報ALBA.Net>