<WGC-HSBCチャンピオンズ 初日◇5日◇シャーシャンインターナショナルGC(7,266ヤード・パー72)>

 昨年に続く優勝争いへ、岩田寛は静かなスタートを切った。5日(木)に開幕した「WGC-HSBCチャンピオンズ」の初日。米ツアーメンバーとして上海の地に戻ってきた岩田寛は、3バーディ・1ボギーの“70”でラウンド。安定したプレーで初日は、日本勢最高位となる42位タイにつけた。

米国男子ツアーはフォトギャラリーでチェック!
 「ティショット、セカンドと悪くてチャンスにつかない。距離感も方向も良くないし、パターのタッチも良くない」。安定したプレーとは裏腹に、この日のラウンドを振り返った岩田から飛び出すのは、不調を訴える嘆き節だ。

 岩田は先週のはじめから扁桃腺に痛みがあり、今大会を迎えるにあたって満足のいく調整ができていなかった。そのため、練習日から「本当に何をしてもダメ」とスイングの状態も良くなかった。

 それでもこの日はティショットのミスでスコアを落とすことなくパーを並べ、終盤の16番パー4ではティショットをグリーン近くまで運びバーディ。さらに最終18番パー5もセカンドをグリーン奥のカラーまで運んでバーディ締め。明日につながる良い形で初日のプレーを終えた。

 今大会は予選カットがないため、「徐々に調子を上げていければ」と話していた岩田。アイアンに関しては復調傾向にあるようだが、明日のプレーについては、「やってみないとわからないです」とやや弱腰。昨年は2日目に“65”をマークして優勝争いに加わったが、果たして、今年はどんなゴルフを展開するのか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>