<WGC-HSBCチャンピオンズ 事前情報◇3日◇シャーシャンインターナショナルGC(7,266ヤード・パー72)>

 上海にあるシャーシャンインターナショナルGCを舞台に「WGC-HSBCチャンピオンズ」が5日(木)に開幕。先週の米国男子ツアー「CIMBクラシック」で5位タイに入り、今大会での活躍に期待がかかる松山英樹は5バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの“71”でラウンド。出入りの激しい内容で、首位と8打差の54位タイと出遅れた。

米国男子をフォトギャラリーでチェック!
 この日はショットに精彩を欠いた松山。10番ティからスタートすると、11番でボギーが先行。その後、14番、17番とバーディを奪ってスコアを伸ばしたが、18番ロングホールでは、グリーンを狙ったセカンドショットが池に吸い込まれた。「今日はミスしていけない方向にミスをしていた」。チャンスホールで出した松山らしくないミス。このホールこそ、6メートルのパーパットを沈めてしのいだが、この日はスコアを伸ばしきれない苦しい展開が続いた。

 松山の苦しいゴルフを象徴したのが、上がりの2ホール。後半に入ってからは3番から3連続バーディを奪った松山だが、8番ロングホールで痛いボギーを叩くと、最終ホールでは再びセカンドショットが池の中へ。結局、最終ホールはピンチをしのげずダブルボギーとして、1アンダー54位タイで初日のプレーを終えた。

 「ショットも、パットも手応えはない」とこの日のプレーを振り返った松山。今大会に向けては足の負傷もあり、満足のいく調整ができておらず、「まだフィーリングが合っていない」。しかし、そんな状態でも、「最後のミスは今日の調子から出そうな感じではあった。途中までうまくそれを出さずにスコアを伸ばせたのは良かった」とプレー内容には一定の評価をしていた。

 「いいショットも出ているし、明日からしっかり伸ばしたい」。初日こそやや出遅れた形となった松山だが、競技はまだ始まったばかり。コースコンディション的にビッグスコアが飛び出す可能性も十分あるだけに、まずは本来のゴルフを取り戻し、明日からのバーディ合戦に備えたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>