<WGC-HSBCチャンピオンズ 初日◇5日◇シャーシャンインターナショナルGC(7,266ヤード・パー72)>

 中国の上海にあるシャーシャンインターナショナルGCで開幕した「WGC-HSBCチャンピオンズ」。今大会には3人の日本人選手が参戦。その中で最も期待される松山英樹が初日の前半を2バーディ・1ボギーで回り、1アンダーで後半へ入った。

 この日、10番ティよりスタートした松山。すると11番でボギーが先行する苦しい立ち上がりに。それでも14番で取り返すと17番でもバーディを奪い1アンダーで前半を終了した。ちなみに現在1アンダーは41位タイとなっている。前週の怪我の影響で十分な調整が出来ず今大会を迎えた松山だが、前半は無難に乗り切った。

 2年連続出場の岩田寛は1バーディ・ノーボギーでラウンド、1アンダーで松山と同じく41位タイにつけている。また、日本人選手3人の中で最も強い想いで大会に臨んでいる小平智は3バーディ・1ダブルボギー・1トリプルボギーで2オーバー71位タイとしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>