<HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 事前情報◇4日◇総武カントリークラブ 総武コース(7,123ヤード・パー72)>

 明日5日に開幕を迎える国内男子ツアー「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」で宮里聖志、優作兄弟が揃ってホスト大会に臨む。

国内男子をフォトギャラリーでチェック!
 優作は3年前から、聖志は今年から主催でゴルフ場運営の大手・PGMと契約。優作は「PGMの皆さんの雰囲気づくりが良いので助かっている」、聖志も「楽にやっていいよと言っていただいて、ありがたいです」と大会を開催してくれるスポンサーに感謝の言葉を述べていた。

 優しい言葉をかけてもらっているが、「優勝までとは言わないが、せめて上位で…」というスポンサーからの本音も聞かされれている。「今週は使命感がありますね」(優作)、「賞金も高いし、1年のうちで一番結果を出したい大会」(聖志)と気合は十分、初日から上位を狙いにいく。

 「プレッシャーを分割できるかな(笑)2人でやれば厚みがでるし、モチベーションにも繋がる」と兄弟でのホスト大会を歓迎した優作。2人がもし優勝争いなどという展開になれば、スポンサーも喜ぶし兄弟対決にゴルフファンも沸くだろう。プレッシャーは半分に、大会へのモチベーションは倍に。相乗効果でホスト大会を大いに盛り上げることができればこれ以上のことはないだろう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>