<HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 事前情報◇4日◇総武カントリークラブ 総武コース(7,123ヤード・パー72)>

 今週中国で開催される「WGC-HSBCチャンピオンズ」よりも、この大会に出場することを選択した池田勇太が意気込みを話した。

国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 現在、賞金ランキング2位の池田が逆転で賞金王になるためにはツアー屈指の賞金額を誇るこの大会での勝利はどうしても欲しいところ、「今週勝てなければ(賞金王)ダメだと思ってやる」と気合十分で臨む。今年から舞台が地元・千葉県の総武カントリークラブとなり、「どうしても出たかった」という。昨年までのコースより相性も良いようで、逆転賞金王を狙うにはここを外すわけにはいかなかった。賞金王レースを独走するキム・キョンテ(韓国)が今週不在なのも差を詰めるまたとないチャンスだ。

 9月末のダイヤモンドカップから、日本オープンまで優勝争いに絡み疲労も蓄積されていたが、「先週、先々週はおとなしくしていたから休養は十分だよ」と。この日は池田の相棒、福田キャディの40歳の誕生日。すでにお祝いはしたそうだが、ここで勝って自分のためだけでなく、相棒にも花を持たせたいところ。

 男気の塊、池田。地元開催の大会で逆転賞金王へ、勝利で反撃の糸口をつかむことができるか。予選ラウンドは松村道央、イ・キョンフン(韓国)と同組になった池田。初日は1番ティより10時10分にスタートする。

<ゴルフ情報ALBA.Net>