<TOTOジャパンクラシック 事前情報◇4日◇近鉄賢島カンツリークラブ(6,506ヤード・パー72)>

 11月6日(金)から三重県にある近鉄賢島カンツリークラブを舞台に開幕する日米共催競技「TOTOジャパンクラシック」。開催に先立ち3日(火・祝)、選手歓迎レセプションが開催された。

日米の美の競演!ドレス姿の女子プロたちを写真でチェック
 会には日米総勢78名が参加。日本食中心のビュッフェや会場となった志摩スペイン村のフラメンコの発表など終始和やかなムードで行われ、これからはじまる激闘に向け英気を養った。

 以下、登壇した選手のコメントを記載。

・ステイシー・ルイス(2012年覇者)
「伊勢は思い出がたくさん詰まった場所で、ここでまた戦えることを嬉しく思います。先週から調子も上がってきましたし、良い成績を残したいです」

・李美香(2014年覇者)
「去年は初めての米ツアー優勝で言葉がでないほど嬉しいものとなりました。今年もベストを尽くして頑張ります」

・イ・ボミ(現在日本ツアー賞金ランキング1位)
「(賞金女王戴冠の)プレッシャーはあるけど、楽しくゴルフしたいですね。自分のプレーに集中して頑張りたいです。(お隣のテレサ選手はどんな選手?という質問に)良いライバルです。怖い存在ですね」

・テレサ・ルー(現在日本ツアー賞金ランキング2位、2013年覇者)
「(お隣のボミ選手はどんな選手?という質問に)私にとってボミは友達であり良いライバルです。でもそういった周りを気にせず自分のゴルフに集中してがんばりたいですね。」

・上田桃子(2007年、2011年覇者)
「この大会は2007年に勝って海外に行くきっかけとなった試合です。その時に海外で共に戦った選手が今回は多く来ています。日本に戻ってきて2年間成長できたと思うので、また彼女たちと良い戦いをしたい。このコースには良いイメージもあるし、素晴らしい舞台。最高のかたちで終えられるように頑張ります」

<ゴルフ情報ALBA.Net>