<ブルー・ベイLPGA 最終日◇1日◇ジャン・レイク・ブルー・ベイGC(6,778ヤード・ パー72)>

 4日間通して強風が吹き、メジャー並みのロースコアの戦いとなった『ブルー・ベイLPGA』。最終日でも強風が選手たちを苦しめた。

米国女子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 そんな中、勝負の行方も18番のグリーンまでもつれる大混戦に。キム・セヨン(韓国)、ステイシー・ルイス(米国)、キャンディ・クン(台湾)の最終組3人は1アンダーの首位タイで並び最終18番を迎える。すでに1アンダーでホールアウトしていたキム・カウフマン(米国)は3人を待っていた。

 18番パー5。3人とも3打目をピン側につけパット勝負に。3人の中で一番遠いルイスが最初に打つが入らずパー。次に打ったクンもカップを掠めるが、これもパーに。そして最後に打ったセヨンだけが沈めバーディ。大事なパットを決めきったキム・セヨンがシーズン3勝目を果たした。

 日本勢は横峯さくらと野村敏京がトータル8オーバーの23位タイ。上原彩子がトータル11オーバーの36位タイで大会を終えた。

【最終結果】
優勝:キム・セヨン(-2)
2位T:ステイシー・ルイス(-1)
2位T:キム・カウフマン(-1)
2位T:キャンディ・クン(-1)

23位T:横峯さくら(+8)
23位T:野村敏京(+8)
36位T:上原彩子(+11)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>