<CIMBクラシック 最終日◇1日◇クアラルンプールG&CC(7,130ヤード・パー72)>

 米国男子ツアーシーズン3戦目『CIMBクラシック』は、6選手が20アンダー以上をマークするバーディ合戦となった。そんなバーディ合戦を制したのは、2日目に“61”をたたき出しトーナメントを引っ張ったジャスティン・トーマス(米国)だ。トーマスは最終日も“66”で回りトータル26アンダーでツアー初優勝を飾った。後半14番でダボを叩き一時ピンチとなるも、続く15番から3連続バーディで巻き返し、勝利を勝ち取った。

米国男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 このバーディ合戦に松山英樹も食い下がった。最終日は3打差17アンダーでスタート。序盤の5ホールで3つ伸ばし首位に捉えることに成功するも、6番以降スコアを伸ばせず足踏み、トーマスら上位陣にじわじわ引き離されていった。後半も10番、14番で伸ばし22アンダーとしたが、15番以降伸ばせず22アンダーのままホールアウトとなった。

 最終日で追い上げることは出来なかったが、ノーボギーの安定したプレーを見せた松山。大会4日間を通してもボギーは3つのみと抜群の安定感を見せた。来週中国で開催される『WGC-HSBCチャンピオンズ』での優勝争いに期待だ。

 また、2位に入ったアダム・スコット(米国)も最終日で魅せた。16アンダー8位タイからスタートしたスコットは、前半から猛チャージ。2番でバーディを奪うと続く3番パー5ではイーグルを奪取。さらに5番、8番でもスコアを伸ばし21アンダーで折り返す。後半も10番でバーディを奪うと13番、14番で連続。そして最終18番もバーディで締めて25アンダーでフィニッシュした。アンカーリング問題でパッティングに苦労していたスコットだが、今大会を通してパッティングが好調。次々にチャンスを決めた。今週のプレーを見る限り、短尺パターにアジャストできたようだ。

 石川遼は最終日を7バーディ・4ボギーの“69”でラウンド。後半では3連続ボギーを叩いたが、上がり3ホールで3連続バーディで巻き返し、トータル10アンダーでフィニッシュ、35位タイとした。

【最終結果】
優勝:ジャスティン・トーマス(-26)
2位:アダム・スコット(-25)
3位T:ケビン・ナ(-24)
3位T:ブレンダン・スティール(-24)
5位:松山英樹(-22)

35位T:石川遼(-10)

<ゴルフ情報ALBA.Net>