<マイナビABCチャンピオンシップ 最終日◇1日◇ABCゴルフ倶楽部(7,130ヤード・パー71)>

 今季5勝目を挙げて2位の池田勇太との差を約7,570万円とし、2度目の賞金王へ向けてまた一歩前進した金庚泰(韓国)。5度の優勝に加えて今季1度も予選落ちのない安定感で賞金を1億5,750万円あまりとした。

キョンテと同郷 イ・ボミの特選写真集更新中
 ところで、女子ツアーで初の賞金女王へ向けて快走するイ・ボミ(韓国)とキョンテには共通項がある。実は共に韓国の京畿道水原市の生まれで、2歳差の2人は同じ練習場やゴルフ場で腕を磨きあった仲だ。

 キョンテが当時を振り返る。「中学生から知っています。僕がプロ転向前の大学2年生まで一緒に練習していました。その当時の印象は上手いけど、あんまり上に行かないなという感じ。一生懸命練習するし、なんでナショナルチームに入れないんだろうと…」。互いにプロになってからは顔を合わせる機会は少ないが、「今も前もスイングは同じ。インパクトのあとゆっくりしている感じ。飛距離も出るけど安定している」と映像などで見れば当時の思い出が今でもよみがえるものだ。

 だが、“あんまり上にいかない”と思っていた少女は上どころか頂点まで突き抜けた。今季の活躍を思うにつけ「調子悪くてトップ10。まぁまぁでトップ5。良ければ優勝(笑)おかしいですよ」。今もキョンテの自宅がある水原市にはボミが建てたというビルもあるが、「僕、その中にある銀行に行ってます(笑)」。そんなところでもボミの成長を実感する日々だ。

 もちろん、先輩としても刺激をもらっている。賞金王、女王としてオフの再会を果たすことはできるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>