<CIMBクラシック 最終日◇1日◇クアラルンプールG&CC(7,130ヤード・パー72)>

 米国男子ツアー『CIMBクラシック』最終日を首位と3打差の17アンダーで迎えた松山英樹。この日10ホールを終え、4バーディ・ノーボギーでトータル21アンダーに伸ばし5位に。首位と3打差につけている。

 最終日は3打差を追いかけスタートした松山。すると2番で幸先よくバーディを奪取。さらに4番、5番で連続バーディで一気に20アンダーにのせた。その後は伸ばせず前半は20アンダーで折り返す。それでも後半に入りで出し10番でバーディを奪い21アンダーとした。現在首位と3打差、後半どんな展開となるか。

 また、この日第1組でスタートした石川遼はすでに18ホールを終えホールアウト。最終日は7バーディ・4ボギーの“69”で回り、トータル12アンダーでフィニッシュ。現在35位としている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>