<マイナビABCチャンピオンシップ 2日目◇30日◇ABCゴルフ倶楽部(7,130ヤード・パー71)>

 一周回って笑いしか出てこなかった。川村昌弘はこの日ツアーワーストとなる“82”の大叩きを演じてトータル15オーバーで予選落ちを喫した。

ウォーターショットといえば石川遼 今大会でも
 この日の川村は3連続ボギーで立ち上がるとINの前半ハーフを“40”。後半も3連続ボギーのあとトリプルボギーを叩くなどして1日で11オーバー。「フィジー(2014年ワンアジア フィジーインターナショナル3日目)で“80”を叩いたことがあったけど、日本では初めて“80”を打ってこれで気が楽になった。状態悪すぎて、何をやっても上手く行かず逆に楽しかったですよ」。大荒れにも怒りも苛立ちも感じさせず前向きだった。

 その前向きな性格は、アジアンツアーとの共催である2013年の「アジア・パシフィック・パナソニックオープン」を制してアジアのシードを得てスタートした世界各地のツアー転戦経験も無関係ではない。アジアンツアーなどの海外での戦いは、日本ではありえないことの連続。食事が合わない、時間通りに物事が進まない…そんなことをイチイチ気にしていたら始まらない。

 実は川村は今大会を迎える前にはアジアンツアーの「ベネチアン・マカオオープン」、「UBS香港オープン」と海外での2試合を戦ってきたばかり。「さすがに疲れていましたね。ちょっとゆっくりしてまた来週に備えたい」。ハードすぎたスケジュールの代償となった“82”という数字もやっぱり気にすることはなかった。

 そんな厳しい戦いを経てきても川村は世界への歩みを止めるつもりはない。国内と合わせて川村が積極参戦しているアジアンツアーは共催大会の多くある欧州ツアーとの協力体制を強めており、欧州ツアーからの働きかけもあって今後その方針が加速していく可能性も高い。アジアンツアーの賞金が欧州ツアーの出場権につながるとの見方もあり、現在アジアンツアー賞金ランク30位につける川村も「ぜひいきたい」とその流れに乗って欧州を見すえる一人だ。

 今大会前の賞金ランクは38位で日本のシードは安泰。今季はここまで14試合に出場して義務試合数となる16試合もクリアは出来る見込みで、足かせはなくなる。11月14日(土)からスペインで行われる欧州ツアー最終予選会を受験する片岡大育しかり。若手でアジアに飛び出した先駆けでもある川村も海の向こうに目を輝かせている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>