<CIMBクラシック 2日目◇30日◇クアラルンプールG&CC(7,130ヤード・パー72)>

 マレーシアにあるクアラルンプールG&CCを舞台に開催されている米国男子ツアー『CIMBクラシック』。石川遼は1イーグル・4バーディ・1ボギー・1ダブルボギーの“69”でラウンド。28位タイにつけた。

初日石川遼のショット写真!3連続バーディで24位タイ発進!
 24位タイで迎えた2日目も1番から果敢に攻めた。すると3番でいきなりイーグルを奪取。流れを作ると4番ボギーもすぐに5番でバウンスバック。さらに8番でもスコアを1つ伸ばして折り返す。

 後半も勢いそのままに12番でバーディを奪取。ベスト10も見えてきたが16番で痛恨のダブルボギー。それでも直後の17番でバーディを奪い後半はイーブンパーでホールアウト。トータル6アンダーで大会を折り返した。

 バーディ合戦となっているマレーシア決戦。現在トップのジャスティン・トーマス(米国)とは9打差あるが、そのトーマスは今日“61”でラウンド。ビッグスコアが出るコンディションだけに1打でも差を縮めて最終日を迎えたいところ。

 加えて今大会は予選落ち無し。「狭くて難しいコースだけどやりがいがある。上手くなれるようにチャレンジして行きたい」と開幕前に話していた通り、明日のムービングデーも攻撃的なゴルフを展開していく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>