<CIMBクラシック 初日◇29日◇クアラルンプールG&CC(7,130ヤード・パー72)>

 マレーシアのクアラルンプールG&CCで開幕した、開幕3戦目『CIMBクラシック』。前半を3アンダーで折り返した松山英樹は、後半も好調をキープ、4つ伸ばし7アンダーでフィニッシュ、首位と3打差の単独2位としている。

 INコースの前半は4バーディ・1ボギーの“33”をマークした松山。折り返してからは、出だし1番で早速バーディを奪うが、2番から5番では伸ばせず4アンダー。それでも6番、7番で連続バーディを奪うと最終9番でもバーディを決め、8バーディ・1ボギーの“65”で初日を終えた。

 また、スコット・ピアシー(米国)が10バーディ・ノーボギーの“62”と猛チャージで、10アンダーの単独首位に立っている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>