<マイナビABCチャンピオンシップ 事前情報◇28日◇ABCゴルフ倶楽部(7,130ヤード・パー71)>

 国内男子ツアー「ブリヂストンオープン」終了時の賞金ランキング上位2位までに与えられる「WGC-HSBCチャンピオンズ」出場権。1位の金庚泰(韓国)と同2位の池田勇太が権利を得たが、池田が出場を辞退したため3位の小平智に権利が降りてきた。海外志向の強い小平は2つ返事で出場を決意。世界のトップランカーが集まる舞台へ日本オープンチャンピオンが挑む。

日本オープンの激闘を写真で振り返る!
 「ブリヂストンオープン」開幕前から照準を合わせていた大舞台。「昨年の岩田(寛)さんみたいなこともあるので」と改めて闘志をみなぎらせた。昨年大会で3位タイに入り、想定FedExカップポイントを積み重ねて、ウェブドットコムツアーファイナルズ経由でPGAツアー参戦を決めたいわゆる“岩田寛ルート”。その背中を追う26歳は「出るだけじゃなくて、優勝を狙っていきます」と言い切った。

 シーズン開幕前から目標としてきた賞金王獲得も諦めることはない。日程が重複する「HEIWA・PGMチャンピオンシップ」は欠場することとなるが、翌週からは再び国内での戦いに身を投じる構え。「中国なんでそこまでスケジュールもハードにはならないと思う」と国をまたいでの連戦に覚悟を決めた。

 もちろん、優勝賞金3,000万円のかかる今大会も重要な一戦。「先週は予選落ちしてゆっくり出来て体調は万全。好きなコースなのでイメージを良くして臨みたい」。賞金王と世界挑戦。2大目標に弾みをつける一週間とする。

<ゴルフ情報ALBA.Net>