<フボンLPGA台湾選手権 3日目◇24日◇ミラマーGC>

 世界ランキング2位のリディア・コは、フボンLPGA台湾選手権3日目で首位に立ち、様々な記録に王手をかけた。コはこの日“67”の5アンダーをマーク、通算13アンダーで2位を4打リード。初日と2日目で首位につけたジ・ウンヒが2位でチャーリー・ハルが5打差の3位。コの“67”はブリタニー・ラングの“66”に次ぐ、この日2番目に良いスコアだった。

 18歳のコはフロントナインで3つのバーディを奪ったものの、ボギー1つと5番のパー4でダブルボギーを叩き、イーブンパー。しかしバックナインはノーボギーの中5つバーディを決めて首位に躍り出た。

 「11番のチップインで勢いに乗れました」と、コは言う。「最初の数ホールは良かったんですが、ダブルボギーとボギーを叩き少しいらついてしまいました。しかしチップインのあとは落ち着いて、笑顔でプレーしようと思いました。そうしたらパットが決まりだしたんです」。

 これでコが日曜を首位で迎えるのはキャリア8度目。通算9勝のうち3回が、54ホールでのリードを守り切った勝利だ。先週の韓国も首位で最終日を迎えたが、最終ラウンドは“72”とスコアが伸びず4位タイでフィニッシュした。

 コは、4打のリードはもちろん無いよりは良いものの、まだミッションは残されているという。

「このコースでは何が起きるか分かりません」と、コは言う。「大叩きする可能性があります。私もダブルボギーを叩いたし、ウンヒも今日2つのダブルボギーがありました。でもパッティングとショットが良ければ、良いスコアが出ます。上位が混戦で、かつ素晴らしい選手がたくさんいるので今日の結果で勝ちが決まったとは言えません。明日まだ素晴らしいゴルフをする必要があります」。

 19歳のチャーリー・ハルは明日もコとジ・ウンヒと最終組で回る。コに追いつくにはどうしたら良いか聞かれたハル。「バーディーを決め続けるだけです」と、答えた。

 日曜コが優勝を果たせば、現在ナンシー・ロペスが持つ22歳2ヵ月と5日というツアー通算10勝の最年少記録を更新することとなる。コは明日18歳6ヵ月と1日になる。通算勝利数でもポーラ・クリーマーに並ぶ47位タイに順位を上げる。

※USLPGA公式サイトより提供

<ゴルフ情報ALBA.Net>