<ブリヂストンオープン 2日目◇23日◇袖ヶ浦カンツリークラブ・袖ヶ浦コース(7,119ヤード・パー71)>

 国内男子ツアー「ブリヂストンオープン」の2日目。首位と1打差の2位からスタートしたホストプロの近藤共弘は4バーディ・2ボギーの“69”でスコアを2つ伸ばし、トータル8アンダー首位タイに浮上した。

ここまでの男子ツアーをフォトギャラリーで振り返る!
 この日は3番でボギーが先行する苦しい展開。1つスコアを落として前半を終えると、後半スタート直後の10番でもボギーを叩いて「流れが苦しくなった」と後続集団に飲み込まれかけた。しかし、その悪い流れを振り払ったのが13番だ。

 約96ヤードのセカンドをアプローチウェッジでベタピンにつけてバーディを奪うと、「アレでラクに楽しく回れる感じになった」とそこから4つのバーディを奪取。「3番も10番も悪いショットではなかったので、2ストローク損した感じはするけど、上がりが良かったので明日につながる」と大事なホスト大会を絶好の位置で折り返した。

 近藤は今週からブリヂストンの新クラブであるJGRドライバーをバッグに入れて好調を維持しているが、実はバッグの中の変化はそれだけではない。13番をバーディに導いたウェッジに刻まれた“無限MUGEN”の文字。モータースポーツ好きの方ならピンと来るだろうか。

 今週一部の契約プロが使用する“MUGEN”刻印入りのフォージドウェッジは、モータースポーツ用のエンジン設計開発などを手掛けるM-TEC社が展開する無限ブランドとのコラボレーションモデルだ。無限ブランドの精密加工技術を使用したミーリングによりスピン性能を極限まで高めた秘密兵器は、硬く締まった袖ヶ浦のグリーンでも力を発揮。愛用する近藤も「しっかりスピンが入るし、ずっと打っていても変わらない」とその性能にうなずいた。

 春先はスイング改造により「パニックになった」と不調が続いたが、秋に入って復調傾向。ティショットからグリーン周りまでショットに不安はない。「あとはパッティング。どうしても上手く読めないところがある」。ホスト優勝へ、いい流れをグリーン上へつなげたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>