『日本オープン』で2日目に大会レコードとなる1日10アンダーを出し、逃げ切りで優勝を果たした小平智。初優勝の2013年『ツアー選手権』に続くメジャー2勝目は、4日間攻めの姿勢を貫いたことで勝ち取ることができた。

【関連】プロギア『iD nabla RS 01』の3点カット写真はこちら!
 象徴されるのは366ヤード8番パー4。林越えの1オンを狙えるホールだが、リスクよりも攻めの姿勢を全面に出し、決勝ラウンドは2日間ともバーディ奪取。また最終日は9番ティショット後に同組の池田勇太から「アダム・スコットよりも飛んでるな〜」とイジられるなど、好ショットを連発していた。

 リードを守ろうとせず、チャレンジできたのはエースクラブのプロギア『iD nabla RS 01』を信頼しているからこそだろう。

【小平智のクラブセッティング(WITB=Whats in the Bag)】

1W:プロギア iD nabla RS 01 10.5°
(グラファイトデザイン TourAD QT-75/X/44.25)
3W:テーラーメイド RBZ 14.5°
(グラファイトデザイン TourAD QT-75/X/)
5W:プロギア iD nabla BLACK フェアウェイウッド 18°
(グラファイトデザイン TourAD QT-75/X/)
3I:プロギア iD nabla BLACK フォージド アイアン(DG)
4I-PW:プロギア iD nabla TOUR アイアン(DG)
52°:プロギア iD nabla RS フォージド ウェッジ(DG)
58°:タイトリスト ボーケイ SM5 L・GRIND(DG)
パター:スコッティキャメロン スタジオセレクト ニューポート2
ボール:タイトリスト ProV1x

<ゴルフ情報ALBA.Net>