「富士通レディース」で今季5勝目を挙げたテレサ・ルー(台湾)。初日、2日目と荒天となったがクラブセッティングに変更はなし。まさに磐石の14本と言える。

【関連写真】テレサの今季5勝を写真で振り返る
 毎大会立役者となるクラブが変わるのも今シーズンのテレサの特徴。開幕戦では相性抜群のドライバーで、飛距離に定評のある穴井詩を相手にアウトドライブを連発。プレッシャーをかけ続けて勝利を手繰り寄せると、2勝目の「リゾートトラストレディス」では54度のウェッジでピンそば80センチにつけて逆転バーディを奪取した。

 次の「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」、「日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯」ではそれぞれ違う番手のアイアンが大活躍。そして、今回5度目のテレサ劇場で主役となったのは3番ユーティリティだ。

 連続ボギーを叩き、2打差で迎えた最終日の16番パー5だった。競り合う相手が飛ばし屋・渡邉彩香だけに最低でもバーディが欲しいロングホール。テレサはティショットを残り224ヤードの位置につけると3UTをフルスイング。左4.5メートルにつけてイーグルを奪い、再び4打差として今季2度目の完全優勝を果たした。

 14本すべてを使いこなしているからこそ、賞金ランキング2位に君臨しているテレサ。6勝目はどのクラブが運んでくるのだろうか。

 テレサ・ルー(台湾)のセッティングは以下の通り。

【テレサ・ルーのクラブセッティング】
1W:キャロウェイ X2 HOT PRO ドライバー 9°
(シャフト:フジクラ Motore Speeder 569 S/46インチ)
3W:キャロウェイ X2 HOT PROフェアウェイウッド 15°
(シャフト:フジクラ Motore Speeder 569 S)
3UT:キャロウェイ LEGACY BLACK ユーティリティ 20°
(シャフト:グラファイトデザイン TourAD UT-65/S)
4UT:キャロウェイ LEGACY BLACK ユーティリティ 23°
(シャフト:グラファイトデザイン TourAD UT-65/S)
5I〜PW:キャロウェイ APEX PRO アイアン
AW:キャロウェイ マックダディ2 ウェッジ 50°
AW:キャロウェイ マックダディ2 ウェッジ 54°
SW:キャロウェイ マックダディ2 ウェッジ 58°
パター:オデッセイ タンククルーザー#1
ボール:キャロウェイ SR2.5

<ゴルフ情報ALBA.Net>