<日本オープンゴルフ選手権競技 最終日◇18日◇六甲国際ゴルフ倶楽部 東コース(7,394ヤード・パー72)>

 『日本オープン』最終日の終盤13番、首位を走っていた小平智の背中を捉えるも、最終18番での“痛恨のボギー”で連覇を逃した池田勇太。勝てば1999-2000年の尾崎直道以来史上6人目の快挙だったが、ホールアウト後は「前半に無駄なボギーが多かった。勝たなければ意味がない」と言葉を搾り出すのがやっとだった。

【関連ニュース】国内男子ツアーフォトギャラリー
 2打差で前を走る小平との2サムラウンド。立ち上がりからプレッシャーをかけなければならない立場だが、2番ホール終了時点でストローク差になるなど苦戦を強いられる。3番でひとつ取り返すも、4番ではバーディパットがカップ縁に蹴られ、グリーン外の傾斜まで落ちる“不運”でボギー。続く5番では3打目をバンカー内に足を踏み入れてのアドレスを強いられるアプローチが残り、連続ボギーとなってしまう。

 明らかにナーバスな序盤。だが6番パー3の起死回生のティショットで流れが大きく変わる。放たれたボールはピンそば30cmに止まり、悠々バーディを奪うと7番、9番でも伸ばし、差をスタート時の“2”に戻す。

 そして迎えた後半は13番で並び、一時は再び差をつけれられるも17番パー3で5mを沈め、勝負を最終18番に。バンカーからの2打目はグリーンを捉えられず、3打目は花道から。このアプローチを残り2.5mと寄せ切れず2パットのボギーとすると、小平にパーパット後のガッツボーズを眺めることとなった。

 ここ数試合はつねに優勝争いをしつつ、あと一歩のところで今季2勝目を逃してきた池田。ディフェンディングチャンピオンとして迎えた大舞台でも悔しさを重ねる形となった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>