<日本オープンゴルフ選手権競技 最終日◇18日◇六甲国際ゴルフ倶楽部 東コース(7,394ヤード・パー72)>

 小平智と池田勇太のマッチレースになった『日本オープンゴルフ選手権競技』最終日。一時は4打差がつくも決着は最終18番ホールまでもつれ込むデッドヒートとなった。

ここまでの男子ツアーをフォトギャラリーで振り返る!
 5番までは小平が1バーディ・1ボギーのイーブンでトータル13アンダー、池田が1バーディ・3ボギーの2オーバーでトータル9アンダー。1番のティオフから多少ナーバスになっていた池田がスコアを落とし、悠々逃げ切りの可能性も感じさせた。だが6番からは池田の流れへと潮目が変わる。池田が連続バーディで息を吹き返すと9番でもバーディを奪い、小平は8番で伸ばしたのみ。両者の差はスタート時の2ストロークに戻り、サンデーバックナインへ突入する。

 後半のスタートホールの10番で緊迫感はさらに増す。小平が1mのパーパットを外して1打差。そして13番でついにスコアが並ぶ。池田が2.5mのバーディパットを外してパーとするも、小平はラフからの3打目のアプローチを寄せきれず、2.5mのパーパットを沈めきれず。終盤に差し掛かる段階でついに横一線になった。

 だが小平がホールアウト後に話した、14番ティグラウンドでの心境は「並ばれた時のほうがラクになりました。リードしていると“逃げよう、逃げよう”っ思ってしまう。並ばれたあとのほうが、ドライバー、ショットが良くなったし、自分の力が出た」。精神を研ぎ澄ますことでショットの精度を高めていったという。

 持ち直した小平は15番で7mバーディチャンスを「カップ真ん中から入れることしか考えなかった」と強気のパットで捻じ込み、1打差で上がり3ホールを迎えるが、池田も負けじと17番パー3で後半初バーディを奪い、勝負は最終18番へと移る。

 小平のティショットはフェアウェイセンターの完璧な一打。一方の池田はフェアウェイ左のバンカー。先に打った池田の2打目が花道に落ち、精神的優位に立った小平だが“パーで凌ぐ”という気持ちは毛頭なかったという。「プレーオフはまったく考えていない。バーディを獲って自分が優勝するしか考えなかった」と気持ちにブレを作ることなく打ったショットはグリーンを捉える。バーディパットは外れるも、3打目のアプローチで寄せ切れなかった池田が先にボギーで上がったため、パーパットを決めた小平が静かに力強く拳を握り締め、激闘は幕を閉じた。

 ディフェンディングチャンピオンとの一騎打ちでスコアが目まぐるしく動く最終日となったが「(スタート前から)苦しいとかは考えずに、勇太さんと優勝争いができることを楽しもうと思ってプレーしたいと思った」と、緊迫感を喜びに変えて戦い切った小平。初優勝となった2013年『ツアー選手権』に続き、26歳にしてメジャー2勝目を達成した。

 「とにかく日本オープンは獲りたいタイトルだった」という悲願の勝利で、賞金ランク3位に浮上。ランク首位のキム・キョンテ(韓国)とは5,000万円以上の差があるが、開幕前から賞金王獲得を公言しているだけに「ここから2〜3つ勝ちたい」と、勢いそのままに最後まで突っ走ると力強く、そして晴れやかに宣言した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>