<日本オープンゴルフ選手権競技 最終日◇18日◇六甲国際ゴルフ倶楽部 東コース(7,394ヤード・パー72)>

 国内メジャー第3戦『日本オープンゴルフ選手権競技』は全日程が終了。勝負の行方は最終18番までもつれたが、小平智が追いすがる池田勇太を振り切り、日本オープン初優勝を果たした。

 最終組の小平と池田によるマッチレースとなった最終日は、最後までもつれた。13アンダーで並んで迎えた18番。ティショットをバンカーに入れてピンチとなるもセカンドをグリーンそばに持っていった池田。一方の小平はフェアウェイからセカンドを打つもピンを大きくオーバーし互角の状況となった。共に3打目は3m以内に寄せ、勝負は4打目に。先に池田がパットを外してしまう。対して小平はこの大事なパーパットをキッチリ決めて優勝を決めた。

 トータル10アンダー3位にソン・ヨンハン(韓国)がつけた。続くトータル8アンダー4位にはハン・ジュンゴン(韓国)、トータル7アンダー5位にはプラヤド・マークセン(タイ)がつけた。

 また、今大会注目選手の一人アダム・スコット(オーストラリア)は最終日では“69”で回り、トータル5アンダーの7位タイで大会を終えた。また、17歳アマチュア、金谷拓実はこの日4つ落としたがトータル3アンダーの11位、最年少ローアマ記録を更新した。

【最終結果】
優勝:小平智(-13)
2位:池田勇太(-12)
3位:ソン・ヨンハン(-10)
4位:ハン・ジュンゴン(-8)
5位:プラヤド・マークセン(-7)
6位:片山晋呉(-6)
7位T:アダム・スコット(-5)
7位T:谷原秀人(-5)
7位T:キム・キョンテ(-5)
10位:イ・キョンフン(-4)
11位:金谷拓実(-3)※アマチュア

<ゴルフ情報ALBA.Net>