<日本オープンゴルフ選手権競技 3日目◇17日◇六甲国際ゴルフ倶楽部 東コース(7,394ヤード・パー72)>

 『日本オープン』2日目に大会レコードとなる10アンダーを記録し、首位に立った小平智。3日目も2つスコアを伸ばしてトータル13アンダー。首位をキープして初優勝を果たした2013年『ツアー選手権』以来のメジャー2勝目へ王手をかけた。

国内男子ツアーをフォトギャラリーで振り返る!
 この日も8番366ヤード・パー4で1オンを果敢にチャレンジ(※ティショットをバンカーに入れるも寄せてワンでバーディ)するなど攻めの姿勢を貫いた小平。前半に1つスコアを伸ばした後半に入り、迎えた14番から3連続バーディでトータル15アンダーまでスコアを伸ばす。

 この時点で2位につけていた池田勇太とは5打差。圧倒的な優位を保って最終日を迎えると予想されたが、上がり2ホールに落とし穴が…。17番パー3で3パットのボギーとすると、最終18番はティショットをフェアウェイ左のバンカーに入れると、レイアップ後の3打目を寄せることができず、5mのパーパットもカップに蹴られ、連続ボギーフィニッシュとなってしまった。

 それでも「上がり2ホール以外は自分のゴルフができていた。連続ボギーも納得できるもの」と悔いのないゴルフができたと3日目のラウンドを評価した。

 2位の池田とは2打差で最終日を迎える。だが、「去年一番悔しい思いをしたのは自分」と1打差・2位に終わった昨年大会のリベンジの気持ちが小平の心に沸々と湧き出している。敗れた相手とのツーサムラウンドは「相手が見えているので、一緒に回れるほうがいい」と直接対決を歓迎する。「最初はけん制し合うと思いますが(前半は)思い切ってスタートして後半にチャージをかけます」。
 
 2日目の“62”で大会の歴史に名を刻んだ。“日本オープンチャンピオン”として名を連ねることができれば、歴代優勝者のなかでも“インパクトある勝利”としてゴルフファンの心に刻まれることだろう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>