<LPGA KEBハナバンク選手権 初日◇15日◇スカイ72GC オーシャンC(6,364ヤード・パー72)>

 ソルハイムカップで活躍したゲリナ・ピラー(米国)が、「LPGA KEBハナバンク選手権」初日“66”をマーク。6アンダー2位タイでスタートをきった。ソルハイムカップでは米国選抜の勝利を決める3メートルのパットを決めたピラー。好調なパッティングをこの日も継続させた。

 「パットが決まってくれました。グリーンが速く、コンディションも良い。最初のホールでグリーンをとらえることができず3メートルくらい残してしまったんですが、それが決まり勢いに乗ることができました」。

 ピラーは常に「パッティングができない」と、言われ続けてきた。しかしソルハイムカップ史上最も重要な3メートルパットを決め、見事その批判を覆した。キャリアを変えうる一打。それがピラーを次のレベルへと押し上げたのかもしれない。彼女がパターを信頼すればするほど決まっている印象だ。

 「自分のパッティングについて色々と意見は聞きますが、あのような舞台で決めることができて自信につながっています」と、ピラーは語る。「あの週はずっと調子が良く、あれほど重要なパットを決められたことが大きな自信になっています」。

 今年はその弱点に特に集中して取り組んできた。成果は顕著に表れ、今年は米国女子ツアー参戦以来最高のシーズンを送っている。今大会初日“66”のラウンドでもわずか27パットにまとめた。

 ピラーのショットは米国女子ツアーの中でもトップクラスだ。ショートゲームに足を引っ張られないよう、今シーズン常に努力してきたが、2015年は調子が良く、キャリア最高のシーズンを送っている。ツアー初優勝も遠くないだろうし、今週その瞬間が訪れる可能性は十分ある。どちらにせよ、自分の成長にピラーは喜びを感じている。

 「自信と安定感がもう少し必要だと思います」と、ピラー。「今年始めに、安定感を出していくことを目標にしました。安定感は少し出てきたかなと思えています。あと少しです」。

※USLPGA公式サイトより提供

<ゴルフ情報ALBA.Net>