<LPGA KEBハナバンク選手権 初日◇15日◇スカイ72GC オーシャンC(6,364ヤード・パー72)>

 パク・スンヒョン(韓国)は去年ギャラリーとしてこの大会を観戦していた。しかし「LPGA KEBハナバンク選手権」初日の木曜日、彼女は選手として“62”をマークし10アンダーを記録。4打差でリードし首位にたった。

米国女子ツアーの活躍を写真でチェック!
この日のパクはノーボギー。フロントナインとバックナインを共に“31”の5アンダーで回った。最後の4ホールでは3バーディー。特に最終ホールのパー5、58°のウェッジショットを1.5メートルにつけた後のバーディーでは韓国の観客を熱狂させた。パクのマークした“62”は、スーザン・ペターセン(ノルウェー)が2012年に記録したコースレコード“63”を更新した。

 「簡単なコースではなかったですが、ティショット、アイアン、パッティングすべてが良かったです。」と、スンヒョンは通訳を介して語った。「10アンダーという素晴らしいスコアを記録できたのはそのおかげです」。

 ここ一年、スンヒョンはKLPGAで3勝と大きな躍進を遂げている。

 「ゴルフに関して自分は完璧主義者です。去年は自分のゲーム、特にスイングに満足していませんでした。リズムを上手く作ることができなかった」と、スンヒョンは語る。「スイングを良くするために多くの時間を割いた結果、今はスイングのリズムとタイミングがとても良くなったと思います。去年までは経験豊富な選手たちとプレーする経験が足りなかった」。

 ここから3日間、世界のトッププレーヤーたちを振り切るためにこの経験は間違いなく活かされるだろう。

 「今日は特に運が良かったと思いますが、この先の3日間でダブルボギーやトリプルボギーを叩く可能性はあります。この時点では誰にでも優勝の可能性があると思います」と、スンヒョン。

 「なのであまり勝利を意識しすぎず、ベストをつくしていきたいと思います」。


※USLPGA公式サイトより提供

<ゴルフ情報ALBA.Net>