<フライズドットコムオープン 事前情報◇14日◇シルバラードCC(7,203ヤード・パー72)>

 米国男子ツアー2015-16シーズンの開幕戦「フライズドットコムオープン」がカリフォルニア州にあるシルバラードCCで15日(木)に開幕を迎える。米ツアーで迎える4シーズン目。約1か月の母国での戦いを経て主戦場に舞い戻った石川遼が改めてシーズン開幕へ思いを新たにした。

ANAオープンを制した石川遼 国内ツアーフォト
 国内ツアーは10月4日まで開催された「トップ杯東海クラシック」まで出場し、「ANAオープン」で優勝を飾るなど確かな結果を残して迎えるシーズンイン。日本で思い出した攻めのゴルフをいよいよアメリカでの戦いにぶつける時が来た。開幕までに1.5ラウンドをこなした石川は「どうしても打てない場合は変えることもあるけど、試合だからといって縮こまることはない。許容範囲の幅があればドライバーを打っていきたい」と目をギラつかせた。

 3シーズン米ツアーを主戦場とするうちに、いつしか守りに入っていた自分のゴルフ。「昨年は自信を持てずに消極的なシーズンだった。そこが自分が今一番やらないといけないところ」と今年はリスク覚悟で積極的に攻めていく構え。「今週は練習ではぜんぶドライバーを振っていった。フェアウェイは狭いけど明らかに2クラブは短いクラブで打てる」と今大会の攻略へも自信を覗かせる。「日本でしっかりやってきたことをまず出せればいいなと思う」とティオフを見すえた。

 今季から岩田寛が加わり日本人の米ツアーメンバーは3人。「日本からの注目もより一層高まるし。今年は韓国人もまた増えた。日本人もがんばらないといけない」。岩田はもちろん、同じアジアからの刺激も受けて一層結果を出したい気持ちも高まってくる。勝負の長いシーズンがいよいよ幕を開ける。

<ゴルフ情報ALBA.Net>