11日(日)付けの最新の男子世界ランキングが発表された。

【関連リンク】プレジデンツカップの激闘を写真でチェック!
 先週行われた米国選抜と世界選抜の対抗戦『ザ・プレジデンツカップ』は世界ランキングに加味されないため、1位のジョーダン・スピース(米国)をはじめランキング上位勢に大きな変動はなし。松山英樹も15位をキープした。

 国内ツアー組では「HONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLF」でツアー通算2勝目を挙げたを挙げたイ・キョンフン(韓国)が前週の229位から160位に浮上。今週の「フライズ・ドットコム・オープン」から米国ツアーに参戦する岩田寛は同大会44位タイ。世界ランクは85位と1つ順位を落として新シーズンの開幕を迎える。

【男子世界ランキング】
1位:ジョーダン・スピース(12.54pt)
2位:ジェイソン・デイ(12.53pt)
3位:ローリー・マキロイ(11.09pt)
4位:バッバ・ワトソン(8.23pt)
5位:リッキー・ファウラー(7.85pt)
6位:ヘンリック・ステンソン(7.43pt)
7位:ジャスティン・ローズ(7.08pt)
8位:ダスティン・ジョンソン(6.82pt)
9位:ジム・フューリク(6.77pt)
10位:ザック・ジョンソン(5.12pt)

15位:松山英樹(4.26pt)

85位:岩田寛(1.71pt)
113位:小田孔明(1.40pt)
153位:石川遼(1.14pt)

160位:イ・キョンフン(1.11pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>