<スタンレーレディスゴルフトーナメント 最終日◇11日◇東名カントリークラブ(6,583ヤード・パー72)>

 今週開催の『スタンレーレディス』で優勝を果たせば、横峯さくらの持つシーズン最高獲得賞金額1億7501万6384円(2009年)を超えての新記録樹立がかかったいたイ・ボミ(韓国)。「プレッシャーは“ない”より“ある”ほうがいい」とモチベーション高く大会に挑んだが、今季の強さを象徴するような圧勝劇で悠々と記録更新を果たした。

【関連】『スタンレーレディス』最終日のプレーをLIVEPHOTOでチェック!
 濃霧の影響でスタートが大幅に遅れ、最終的には9ホールの短縮競技(10番から18番の1WAY)となった最終日。最終組は9時40分スタート予定だったが大幅に遅れ、13時10分までティオフを待つこととなるも、リラックスして平常心を保っていたというボミは、いい緊張感で試合に入ると、序盤の11番であっさり首位・若林と並ぶ。そして15番、16番の連続バーディで一気に突き放し、最終18番も余裕のバーディフィニッシュとなり、結果的には3打差をつけての今季5勝目となった。

 これで1,620万円を積み上げ、現在までの獲得賞金は179,540,066円。優勝会見では「(ウイニングパットを決めた瞬間は)優勝の嬉しさはありましけど、記録を更新できたことは信じれなかった。まだ信じられない」と大記録達成に驚いた。

 “今年こそは”と掲げた賞金女王をいう目標。女王レースを引っ張り続けていたが、ライバルのテレサ・ルー(台湾)の追い上げをずっと気にかけていた。テレサが『日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯』で優勝を果たした際に、特に「テレサが怖い」と感じたというが、母の“ボミ、目標を2億円にすれば絶対に追いつかれない!大丈夫!”という言葉で雑念を吹っ切ることができたという。

 2億円まで7試合で2000万弱と十分到達可能なラインだが「(所属先の冠大会である)『NOBUTA GROUP マスターズGCレディース』と『リコーカップ』は勝ちたいですね」と残り試合のなかで“あと2勝”を目指しているだけに、達成すればシーズン7勝で2億円どころか2億5,000万に到達する可能性も…。シーズン終了後には今後破られることのない大記録が作られているかもしれない。

【年間獲得賞金ランク10傑】
1位:イ・ボミ(179,540,066円⇒???/2015 ※残り7試合)
2位:横峯さくら(175,016,384円/2009)
3位:大山志保(166,290,957円/2006)
4位:上田桃子(166,112,232円/2007)
5位:諸見里しのぶ(165,262,708円/2009)
6位:アン・ソンジュ(153,075,741円/2014)
7位:不動裕理(149,325,679円/2003)
8位:アン・ソンジュ(145,073,799円/2010)
9位:不動裕理(142,774,000円/2004)
10位:有村智恵(140,804,810円/2009)

<ゴルフ情報ALBA.Net>