<日本プロゴルフシニア選手権 住友商事・サミットカップ 3日目◇10日◇サミットゴルフクラブ(6,935ヤード・パー72)>

 尾崎直道の大会連覇へ向けては高い壁が立ちはだかる。3打差の首位をいくのは昨年プレーオフを戦い、今季はすでに2勝を挙げている室田淳。ホールアウトして室田のスコアを確認した尾崎は「12(アンダー)だよね?まぁそれくらいで回ってくるだろうな」と厳しい最終日を覚悟した。

海外再挑戦を表明している尾崎直道 連覇を手土産にできるか
 この日は3番でボギーが先行。「フェアウェイバンカーからカツンってよくやるんだよなぁ最近」とセカンドがトップしてスコアを落とした。それでも、「“いっぱいいっぱい”のゴルフしか出来ない」と背中の痛みに顔を歪めながらもそこから6つのバーディを奪ってムーブアップ。「一生懸命やればいいと思ってやっている」とこの日もドライバーを懸命にふりちぎって食らいついた。

 3日間は自分のプレーに集中して無我夢中で走り抜けた。しかし、残す18ホールはそうもいかない。「明日はもうスコアを意識してプレーしないとしょうがないよね。意識しながらも向かっていくゴルフができるかどうか」。倒すべき相手の後退は期待できないだけに、自らが伸ばしていくのみだ。

 「あとは去年と同じような運が回ってくるかだな」と僅かな期待を寄せた最終日の茨城県は雨予報。故障を抱える尾崎にとっては厳しいコンディションとなるが、「雨だろうが嵐になろうがって感じだね」。ビッグタイトルの連覇へ弱音は吐かない。

【3日目の順位】
1位:室田淳(-12)
2位T:奥田靖己(-9)
2位T:尾崎直道(-9)
4位:ポール・ウェセリン(-8)
5位T:白浜育男(-7)
5位T:田中泰二郎(-7)
5位T:杉原敏一(-7)
5位T:グレゴリー・マイヤー(-7)
5位T:中根初男(-7)
5位T:大山健(-7)

<ゴルフ情報ALBA.Net>