<スタンレーレディスゴルフトーナメント 2日目◇10日◇東名カントリークラブ(6,583ヤード・パー72)>

 『スタンレーレディス』初日4アンダー・4位タイと好スタートを切った木戸愛。ホールアウト後「一円でも多く稼ぎたい」とシート権確保へ向けて決意を語ったが、2日目も「不安なくできました」という言葉どおり、4バーディ・ノーボギーの安定したプレーで首位と1打差の2位に浮上した。

【関連】木戸のプレーは?『スタンレーレディス』2日目をLIVEPHOTOで振り返る!
 スタート前に会場に駆けつけた師匠・芹沢信雄に、ショット、パット、アプローチを見てもらったという木戸は、ショットに関しては「“いいんじゃない、頑張ってこい!”という言葉をもらいました」と太鼓判をもらい、アプローチに関してはライ別の打ち方の確認を受けたという。

 その“芹沢流アプローチ”が活きたのは2ホール。まずはスコアを1つ伸ばして迎えた6番パー3。ティショットでグリーンを外し、15ヤードのアプローチを残すも「“逆目のライではフェースを少し開いて、コックを使って打つ”ことを意識しました」と教えをしっかりと思い出し、危なげなくパーセーブ。

 そして8番パー5では2打目でグリーンを外し、またもや15ヤードのアプローチとなるも「今度は順目だったので“フェースは開かずにノーコック”」を意識して1.5mに寄せてバーディ奪取。9番にピンチを迎えるも10mのパットを沈めて乗り切ると、後半は危なげないゴルフで2つ伸ばし、最終日最終組でのプレー権利を手に入れた。

 試合後の会見では「目の前の1打にベストを尽くす」との言葉を初日同様に口にした木戸。芹沢からのアドバイスを忠実に守り、今大会好調のパットも「“入れる”というより、決めたラインにしっかり打てるようにスパット(目印)めがけて打つだけ」と迷いなく1打1打をプレーできている。

 「優勝したいと思って(明日の)ティグラウンドに立つことはない。欲を出して強くなるタイプではないので」と戦う気持ちは胸の奥にしまい込み、2日間同様に1打に集中する構え。その決意を貫けた先にはツアー通算2勝目が待っている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>