<ザ・プレジデンツカップ 初日◇8日◇ジャック・ニクラスGCコリア>

 『ザ・プレジデンツカップ』は初日の日程が終了。米国選抜が4勝1敗で大きく勝ち越し、4ポイントと獲得し世界選抜に3ポイントリードをつけた。

14−15年シーズンをフォトギャラリーで振り返る!
 この日米国選抜はバッバ・ワトソンとJ・B・ホームズの飛ばし屋コンビが1番手に登場。松山英樹、アダム・スコット組を3&2で破った。米国選抜2番手のパトリック・リード、マット・クーチャー組は、ルイ・ウーストハイゼン、ブランデン・グレースの南アフリカコンビに3&2で敗戦。

 3番のリッキー・ファウラーとジミー・ウォーカー組はアニルバン・ラヒリとトンチャイ・ジェイデー組を5&4の大差で破った。さらに4番手のフィル・ミケルソン、ザック・ジョンソン組は最終18ホールまで勝負はもつれたが2UPでジェイソン・デイ、スティーブン・ボーディッチ組を下した。そして5番手のジョーダン・スピース、ダスティン・ジョンソン組は1ホール目からリードを奪い最後まで試合をリードして4&3で勝利した。

 初日は大きくリードした米国選抜だが、明日はフォアボール(それぞれがプレーし、1ホールごとにベストスコアを採用)に変るが、初日の勢いのままリードを広げるのか?

<ゴルフ情報ALBA.Net>