<日本プロゴルフシニア選手権 住友商事・サミットカップ 事前情報◇7日◇サミットゴルフクラブ(6,935ヤード・パー72)>

 プロアマ戦終了後の14時15分。青木功、中嶋常幸、尾崎直道ら多くの選手が集まったのがクラブハウス前の練習グリーンだ。2016年から禁止となる、パターを体の一部に固定してストロークすることを禁止する、いわゆるアンカリング打法の規制についてのPGAによる選手向けの説明会が行われた。

ここまでのシニアツアーをフォトギャラリーで振り返る!
 マイクを握った大会競技委員長の小林英次氏による説明では、アンカリング打法の基本的な注意点は以下のようになる。

・クラブを直接的に前腕以外の体につけてストロークしてはならない。
・クラブだけでなくクラブを持っている手が体についてはならない。
・アンカーポイントを用いることによるストローク。クラブが離れていても、前腕(肘から手首まで)を体につけてストロークしてはならない。

 だが、多くの選手はストロークそのものよりも、その定義が極めて主観的になることに疑問を投げかけた。例えば長尺パターを使用して体には接していないものの、服には接している場合はどうなるのか(湯原信光はこのスタイル)。ルール上ではもちろん認められるストロークだが、ゴルフは審判がいない競技で、判断するのは主に同伴競技者となるため、選手によっては異議を唱える可能性もある。

 その他短尺パターでも体に近い方の手をワキを締めて固定し、もう一方の手を離してストロークすると体に近い方の手を支点にしていると見なされてペナルティとなる可能性がある。ただ、いずれのケースも、固定しているか、していないかは極めて微妙な判定。仮に指摘したとしても、本人が固定はしていないと説明したらそれをどう証明するのか。いずれにしても選手間のみでの対応は不可能だ。

 テレビの視聴者やギャラリーなどによる指摘も寄せられる可能性も大いにある。そうした時にどう判定を下していくかは、その都度対応することとなるため大きな混乱が予想される。PGAサイドもR&Aの決定を伝えている立場のため、この日は選手から出てくる多くの質問すべてに対応することはできなかった。

 シニアツアーは長尺パターによるアンカリング使用者が多いため、規制の影響をもっとも受けるツアーであるともいえる。アンカリング使用者の尾崎直道は「色々やっているけど結論はでない」と悩ましげ。11月にはR&Aが来日して各ツアーへ向けて説明を行うとのことだが、いずれにしても来季から慎重なルール運用が求められそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>