<HONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLF 事前情報◇7日◇石岡ゴルフ倶楽部(7,071ヤード・パー71)>

 国内男子ツアー新規大会「HONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLF」が茨城県の石岡ゴルフ倶楽部を舞台に開催される。主催の本間ゴルフの西谷浩司社長は先月行われた会見でトーナメント開催が同社の「夢だった」と語っていた。

“チーム本間”が一丸となって大会を盛り上げる
 そんな“夢の大会”に並々ならぬ想いで臨むのが同社の契約プロたち。その一人、谷原秀人は「いいコースだし、トーナメントをやっていただけるだけありがたい」と感謝の言葉を口にしていた。「調子自体は良くなってきてるし、コースは難しいけど、どれくらい落ち着いていけるか。優勝目指して頑張りますよ」と力強く言い切った。

 また、来季の米ツアー出場権を掴んだ岩田寛も「契約した時から本間のために活躍したい思いがある。本間の選手みんなで盛り上げたい」。昨季の賞金王で本間の“顔”、小田孔明も「耐えるゴルフにはなるだろうけど、60台で回りたいですね。ホストプロとして迎えるわけだし、優勝争いしたいです」と並々ならぬ想いで臨む。

 大会では独自のイベントも行われる。ホストプロたちのキャディが着るポンチョには“TEAM HONMA”のアルファベットのどれかが書かれており、本間ブースで解答用紙を受け取り、各アルファベットの該当する選手を記入、正解者には大会のオリジナル商品がプレゼントされる。

 さらに、赤いキャップをかぶってる本間ゴルフのスタッフを探し、クイズの回答を教えてもらうというイベントや、本間契約のレッスンプロが行う観戦ツアー(※土日のみ)なども開催予定している。

 “熱意系ゴルファーへ”が本間ゴルフの合言葉だが、大会には同社と契約プロたちの“熱い”気持ちがこもっている。第一回大会の覇者を狙うホストプロたちの“熱い”プレーにも注目だ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>