<トップ杯東海クラシック 最終日◇4日◇三好カントリー倶楽部 西コース(7,315ヤード・パー72)>

 愛知県にある三好カントリー倶楽部で開催された「トップ杯東海クラシック」。首位と1打差の3位タイからスタートした石川遼だったが、5バーディ・4ボギーの“71”。トータル8アンダーの6位タイで米ツアー開幕前の最終戦を終えた。

石川遼の国内戦をフォトギャラリーで振り返る!
 「今日は長いパットばかり。ショットで差していけなかった」と度々訪れるピンチをパットで凌いだ18ホール。「我慢はできたけど…ナイスボギー2つでは苦しい。アイアンも悪かったし、今の自分の良くないところが出てしまった」とスコアを伸ばす上位勢に喰らいつくことはできなかった。

 ツアー外競技の「片山晋呉インビテーショナルネスレ日本マッチプレー選手権 レクサス杯」から4週続いた国内参戦も今週で一区切り。一週間挟み15日(木)から主戦場で新シーズンを戦っていくこととなる。この国内での戦いは米ツアー開幕前の調整の意味もあった。そして大きな収穫も手にした。

 国内戦で得た一番の収穫は“何の為にゴルフをしているのか”を思い出せたことだ。「上手くなりたい。勝ちたい」とゴルフを始めたころの想いを異国での戦いで見失っていた。「挑戦する、攻める姿勢に早く気がつけてよかった。この気持ちがあればアメリカでもレベルアップできる」と来シーズンへの戦いに希望を見出した。

 他にも “チャレンジする姿勢”を貫いたことで精神的にもたくましくなり、クロスハンドという形でパッティングも向上など、精神面、技術面で成長した。「疲れましたけど、中身の濃い一ヶ月でしたね」。

 そして、多くのギャラリーに囲まれてプレーすることへの欲求も再確認できた。「日本で多くのファンの方にパワーをもらえました。だからこそアメリカでも多くのギャラリーの前でプレーしたい。そういう位置で戦えるように頑張っていきます」。2013年の本格参戦から米ツアー4シーズン目に突入する石川。その4シーズン目開幕前に大きな手応えを掴み、アメリカへと旅立つ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>