<トップ杯東海クラシック 最終日◇4日◇三好カントリー倶楽部 西コース(7,315ヤード・パー72)>

 昨年、最終日最終組スタートもスコアを落とし2位タイで終わったキム・ヒョンソン(韓国)が、悔し涙を流した舞台で、プレーオフで片山晋呉を破りリベンジを果たした。

ここまでの今大会をフォトギャラリーで振り返る!
 大混戦となった最終日でも、序盤は蚊帳の外だった。2打差6位からスタートしたが、3番3パットでボギーが先行。その後連続バーディを奪うも、上位陣が伸ばしているリーダーボードを見て、「今日はチャンスないね」と優勝は全く頭になかった。

 初めてトップを意識したのは、連続バーディで10アンダーまで伸ばして迎えた16番ホール。ここで4メートルのバーディチャンスにつけると「これを入れたらいけるかも」と頭をよぎった。しかし、このチャンスを決めることができず。それでも気持ちを切らさず17番、18番で連続バーディを奪い、片山とのプレーオフに持ち込んだ。

 日本ツアーで初めてのプレーオフ、いきなりピンチが訪れた。セカンドショットでグリーンを捉えられず左ラフに。ピンまで63ヤードで奥は池。固く速いグリーンで繊細なショットが求められたが、「今やれって言われても100回やっても打てないと思う」と自画自賛のアプローチで2メートルに。なんとか2ホール目に望みをつなぐと、残り215ヤードのセカンドを今度はチャンスにつけてバーディ奪取。ラフに入れた片山を退けてツアー4勝目を手にした。

 昨年大会では最終日に首位からのスタートも、まさかの5連続ボギーでS・H・キム(韓国)に逆転負け。「去年は風邪で全く集中ができなかった」と悔しい思いをしていた。だからこそ「今年は何とか勝ちたかった」といつも以上に気合いが入っていた。

 だが、終わってみれば最高の結果となったが、初日で棄権する可能性もあった。その初日で首痛を発症、ドライバーは240ヤードしか飛ばず、アイアンは2番手も上げる始末だった。そんな厳しい状況で「いつ辞めようか」と考えていたという。しかし、1ホール目でバーディを獲ったことでプレー続行。すると「首が痛くて頭が動かないからパターがバンバン入ったよ(笑)」とゴルフのリズムがどんどん良くなり3アンダーと好スタートを切った。今大会では4日間通じて30パットを下回るなど、そのパットがスコアメイクを支えた。

 元々三好は大好きなコースのヒョンソン。「僕はフェードヒッターなので、ここは打ちやすいホールが多い。さらに最終日になるとピンが右に切ってあるところが多くて狙いやすいです」。加えて名古屋という土地もお気に入り。「I・J・ジャン(韓国)先輩とひつまぶしやコーチンなど毎日同じものを食べて元気をつけています」と、4勝の内、2勝を挙げている愛知との相性は抜群だった。

 今後の目標は世界ランクのアップ。「アメリカにも行きたいんですよ。だから頑張って世界ランク50位以内に入りたい」。そして、もう1つが悲願の賞金王。「韓国でも日本でも2位はあるのですが、まだ1番になったことない。目標は高く。なんとか獲れるように頑張りたいですね」。トップのキム・キョンテ(韓国)とはまだ約6,000万円の差があるが、今日の逆転勝利で勢いをつけて来週からも“鬼”の背中を追いかける。

<ゴルフ情報ALBA.Net>