<アジア・パシフィック アマチュア選手権 3日目◇3日◇クリアウォーターベイGC(6,513ヤード・パー70)>

 7度目を迎えるアジア、オセアニア地区の最高峰タイトル「アジア・パシフィック アマチュア選手権」は3日目を終了し、トータル11アンダーとしたジン・チェン(中国)が単独首位をキープ。1打差の2位にアマチュアランク今大会最高位の8位を誇るライアン・ラッフルズ、キャメロン・デービスのオーストラリア勢が追走する白熱した展開となっている。

松山英樹が過去2回制しているアジアアマ選手権
 だが、ここにきて大会に文字通り暗雲が立ち込めている。中国に接近中の台風22号の影響でこの日もコースには風速20メートル近い強風が吹き荒れたが、さらに台風が接近する明日の最終日は大荒れの天候が予想される。この日は15番付近にあったテレビカメラを上空に持ち上げるリフトカーが風により転倒する事故も発生。特に風が強い15番、16番、17番、18番ティグラウンド付近には、多くの関係者が集まりプレーの進行を見守るなど異例の厳戒態勢だった。

 大会側はすでに明日の悪天候を想定してリリースを発表。可能な限り72ホールの競技完結を目指していくとしているが、仮に競技続行不可能となった場合は54ホールを終了時点の結果で順位を確定(チェンの優勝)するとしている。54ホールでの決着はもちろん今大会では初の事態だ。

 トータル3アンダーの12位タイで3日目を終えている長谷川祥平は「やれるならやりたいですけど…」と複雑な表情。優勝者には「マスターズ」出場権が与えられる大一番だけに72ホールでの決着が望ましいことは間違いないが、大会側は期間を延期しての72ホール消化はないと断言している。

<ゴルフ情報ALBA.Net>