<日本女子オープンゴルフ選手権競技 3日目◇3日◇片山津ゴルフ倶楽部 白山コース(6,613ヤード・パー72)>

 2年前のこの大会で最終日、一時トップに立ちながら終盤で連続ボギーを叩き日本タイトルを逃した菊地絵理香。この日は7バーディ・2ボギーの“67”をマーク、スコアを5つ伸ばしトータル4アンダーで単独首位に浮上した。

今季の菊地絵理香を写真館で振り返る!
 菊地はこの日パットが好調で「1〜2メートルのパーパットが決まってくれた」とピンチを上手くしのいで流れをつくる。15番でチップインでパーをセーブ、17番では13メートルのバーディパットが決まるなど「本当にラッキーでした」と運にも恵まれ、最高の位置で最終日を迎えることとなった。「上出来でした。いい位置で回って、最終組で回りたかったので」と笑顔を見せた。

 このオフに宮崎で合宿を張った際に親交のある松村道央から02、07年の賞金王・谷口徹を紹介されパターに関するアドバイスを受けた。それまではパットで手首を使うのを防ぐため、太めのグリップを選んでいたが、“感性を生かしたほうがいい”と助言されパターをマレットからピンタイプに、グリップも細いものに変更した。そしてこれが功を奏し、今季前半はパッティングが絶好調、悲願のツアー初優勝に結びつけることができた。

 当時の調子を100とするならば、夏ごろには「30ぐらい」まで落ち込んでしまったという菊地。しかし、グリップをクロスハンドにしたり、戻したりと試行錯誤を続け徐々に復調。そして9月頭の「ゴルフ5レディス」で今季絶好調のイ・ボミと同組でラウンドしたときに「構えてからすっと打っていた。調子が良くないときは上げる際にもじもじしてしまっていたけど、気持ち悪くてもすっと上げよう」と意識したところ、さらに感触が良くなったという。そして今週には調子は「90」までに回復、ビッグタイトル獲得のチャンスをを得た。

 それに加え初日終了後に谷口から“このコースは絵理香ちゃんに合ってると思う”とメールが。理由などは記されていなかったが、このコースで04年の日本オープンを制している谷口の言葉に「勇気付けられた」という。この賞金王の見立ては見事に的中。大会ベストスコアで日本タイトルに王手をかけた。

 13年の大会は最終組でプレーし、終盤に「自滅してしまった」。その時は「自分がトップでいいのか」などと考えてしまったが、再び最終日最終組でラウンドする今回は「自分に勝ちたいです」と力強く言い切る。

 今季は、ツアー初優勝を果たし賞金ランクも5位と押しも押されぬトップ選手。2年前の弱い自分はもういない。あの時に逃した日本タイトルを今度こそ掴み取ってみせる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>