<アジア・パシフィック アマチュア選手権 初日◇1日◇クリアウォーターベイGC(6,513ヤード・パー70)>

 約1時間半の中断を挟んだ影響で、9組27選手がホールアウトできずに日没を迎えた「アジア・パシフィック アマチュア選手権」の初日。サスペンデッドを告げるホーンは2アンダー回り暫定23位タイにつけた小西健太のホールアウト直後に鳴った。

練習ラウンドで片岡尚之とガッツポーズを決める小西健太
 最終18番パー5はピン左約20メートルに2オン。慎重にラインを読んだものの、目前に迫った暗闇はグリーンのアンジュレーションも距離感も覆い隠す。「最後は全然わかんなかったです。ラインもちょっと左に打ったかなと思ったんですけど、あんなに切れるとは。仕方ないです」とイーグルトライは3メートルほどもショートして苦笑いだ。

 アジア、オセアニア地区のNo.1を決めるビッグタイトル。ティオフを前に背筋を伸ばして息を吐く。いつものルーティンだ。昨年大会チャンピオンのアントニオ・マーダカ(オーストラリア)、当時14歳で2012年大会を制したグァン・ティンラン(中国)というペアリングも気にならない。「相手は別に気にしていなかった。ただ近くでプレーしているというだけ」。マスターズでスロープレーによる1罰打を課されたグァンのちょっと遅いプレーぶりにも「自分のプレーに集中できた」と心を乱されることはなかった。

 前半は5番から3連続バーディ。後半は10番でもバーディを奪って力強く前進を続けていく。難関の続くINで3つのボギーを喫したものの、まずは最低限のアンダーパースタート。「1打1打に集中してやっていけたと思うので、ベストは尽くせた。明日は明日のベストを尽くして、その積み重ねだと思う」と実直な表情を引き締めた。

 暫定ながら首位とは6打差がついたが、もちろん諦めるにはまだ早すぎる。「最後にならないとわからない。コンディションも変わってくると思うので、それに対応するゴルフをしていきたい」。最後に上に立てれば、それでいい。

【初日の結果(暫定)】
1位:ジン・チェン(-8)
2位T:グレゴリー・フー(-6)
2位T:ニック・ヴォク(-6)

15位T:小木曽喬(-3)
23位T:小西健太(-2)
23位T:片岡尚之(-2)
29位T:長谷川祥平(-1)
79位T:石徳俊樹(+4)
79位T:岡崎錬(+4)

<ゴルフ情報ALBA.Net>