<ザ・ツアー選手権 by コカ・コーラ 3日目◇26日◇イーストレイクGC(7,154ヤード・パー70)>

 米国男子ツアーのプレーオフシリーズ最終戦「ザ・ツアー選手権 by コカ・コーラ」の3日目。1オーバー12位タイから出た松山英樹は3バーディ・2ボギーの“69”でラウンド。スコアを1つ伸ばしトータルイーブンパー10位タイで最終日に臨むこととなった。

雨中の戦い、松山のレインウエア姿
 降り続いた雨の影響で「やっぱりセカンドの距離がずっと長くなっていたので、ほんとにしんどい一日だった」と難コンディションに苦しめられた松山。その中でも「うまく良いパットもたくさん入ってくれて、アンダーパーで回ることができて良かったと思う」とスコアを伸ばせたことに胸を撫で下ろした。

 「パッティングは良くなったり悪くなったりの繰り返しですけどだいぶ修正ができるようになってきた。ショットも悪いなりに後半になったら良くなるとか、そういうことができている」と満足のいくプレーではなかったが、それなりに手ごたえを得ることはできた様子。明日は「この試合の締めくくりとして良いプレーができればいいなと思います」と力強く話した。

 首位のジョーダン・スピース(米国)とは8打差がつき、優勝は難しくなってしまった。この試合が今季の最終戦だが、来月にはすぐに新シーズンが開幕する。「次に繋げるためにも良いラウンドで終われたら」、手ごたえを結果に結びつけ今後に弾みをつけるプレーを見せたいところだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>