<中国新聞ちゅーピーレディースカップ 最終日◇25日◇芸南カントリークラブ(6,416ヤード・パー72)>

 広島県の芸南カントリークラブを舞台に開催された、ステップ・アップ・ツアーの第11戦「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」の最終日。昨日首位に立った城間絵梨がこの日もスコアを2つ伸ばし、トータル7アンダーで逃げ切り初優勝を挙げた。

女子ツアーの厳選フォトは「写真館」で!
 トータル6アンダー・2位にはルーキーの鈴木麻綾、トータル5アンダーの3位には向山唯が入った。

 城間はこの優勝で「スタンレーレディス」から4試合のレギュラーツアーの出場権を獲得。2013年には“ティショットイップス”になってしまい苦しんだが、昨年から鈴木愛も師事する南秀樹コーチに習い「ショットの精度や質もよくなって平均スコアが良くなった。今までずっと自分と戦ってた感じでしたけど、やっとコースセッティングと戦えるようになりました」と復活の糸口をつかみ、この勝利につなげた。飛距離を武器に2010年、2011年とJGAの女子ナショナルチームメンバーに選ばれ、将来を嘱望されていた城間。この2年間の苦しみはかなりのものだっただろう。

 「レギュラーツアーに出てもやる事は一緒。アンダーを出すとか目標はあるけど、レギュラーの場で自分のやりたい事が出来るか確認出来るいい機会。ちょっと自信はついたけど焦らずじっくりやりたい」。勝利で得た自信を胸に、久しぶりのレギュラーツアー挑む。

<ゴルフ情報ALBA.Net>