<ダイヤモンドカップゴルフ 2日目◇25日◇大利根CC 西コース(7,101ヤード・パー70)>

 アジアンツアーとの共催大会の「アジアパシフィックオープン ダイヤモンドカップ」の2日目。1アンダーの15位タイからスタートした石川遼は3バーディ・4ボギーの“71”でスコアを1つ落としトータルイーブンパーでホールアウトした。

珍しい石川遼のハット姿の別カット 国内男子ツアーフォトギャラリー
 OUTコースから出た石川は1番でボギーが先行すると、3番、4番でも連続ボギーを叩いて序盤で大きくスコアを落とした。8番でバーディを奪うも、続く9番をボギーとしてハーフターン。それでも後半は11番、13番と2つのバーディを奪ってフィニッシュしている。

 現時点で首位には5アンダーのプラヤド・マークセン(タイ)が立っている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>