<ダイヤモンドカップゴルフ 事前情報◇23日◇大利根CC 西コース(7,101ヤード・パー70)>

 「今日はドライバーのシャフトを20g重くした状態でプレーしました」。『ダイヤモンドカップゴルフ』の指定練習日、入念に18ホールの練習ラウンドに臨んだ石川遼が、ラウンド終了後には“ドライバー飛距離アップ計画”を披露し、今大会でも90g台の『Tour AD DI』を挿したキャロウェイの新クラブ『BIG BERTHA ALPHA 816 ダブルダイヤモンド』の使用を示唆した。

ここまでのプレーをフォトギャラリーでチェック!
 今後ドライバーの飛距離をどうやって伸ばしていくか…。「重いクラブを今までと同じヘッドスピードで振り切れれば、必ず飛ぶ」。その答えは90g台のシャフトの使用だ。

 もともとは「先週も最後のほうは、手先に頼ってドライバーを打った場面があったので、どうやって改善していこうかって思った」ことがキッカケ。手先で振れない重いクラブで下半身をどっしり構えて、体の大きな筋肉を使うスイングを練習で作り、試合では現在のエース『BIG BERTHA ALPHA』に戻してプレーするというイメージで臨むつもりだった。しかし…。

 「いきなり90g台のシャフトを挿してみて、“ちょっとキツイかな”思っていたんですが、一発目でいいタイミングで振れた。“練習だったらいいかな”って話していたらラウンドでも良くて意外にありかもって。あまりにもスイングがよくなったのと、すごく重たい球、いままでに打ったことのない球質、打感あったんです」

 今よりも重いクラブで飛距離を求めていきたいという気持ちがあった石川にとっては、飛距離アップの兆しとともに、スイング修正もできたことで、表情も晴れやか。

 新ドライバーのヘッドも「使いこなせれば順回転の球が打てるような気がする。非常にいいクラブでスイングが良くなれば、もっと飛ばせる」と好評価。実戦投入についても「あると思います」といい、ラウンド後のレンジでの練習では、フェアウェイウッド、アイアンも重シャフト仕様のものを打ち込んだ。

 「場合によっては全部変える可能性もある」。米ツアー開幕戦への準備はもう始まっているようだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>