<BMW選手権 3日目◇19日◇コンウェイ・ファームズGC(7,251ヤード・パー71)>

 米国男子プレーオフシリーズ第3戦『BMW選手権』3日目が終了。プレーオフ初戦「ザ・バークレイズ」を勝つなど、現在絶好調のジェイソン・デイ(オーストラリア)が今週世界ランキング1位になる条件をまとめてみた。

【関連写真】デイが“ぞっこん”のテーラーメイドの新作『M1』の写真がこれ!
 1つは今週優勝すること。そうすれば他の選手の順位に関係なく、自身初の世界1位の称号を得ることとなる。

 次に今大会を単独2位でフィニッシュしたケース。その場合、現在世界ランク1位のローリー・マキロイ(北アイルランド)が5位以下、且つ同2位のジョーダン・スピース(米国)が10位より下なら世界の頂点に立つことができる。また、2位タイの場合だとマキロイが8位より下、スピースが58位を下回ることが条件となる。

 そのデイは今日も2つ伸ばしトータル20アンダーと2位に6打差をつけて首位をがっちりキープ。「きょうは小さなミスがいくつかあった。アプローチのミス、OBは今日の予定には入っていなかった(笑)」と笑い飛ばす余裕すら見られた。

 だが、話が世界ランクに及ぶと一転真剣なまなざしとなり、「世界一になることは僕の生涯の夢。そして僕はオーストラリア人としてもっとも若い世界一になる。もし僕が明日勝てなければ世界一にはなれないだろう。しっかり自分のやるべきことに集中してプレーしたい」と力強く語った。

 現在世界一のマキロイは今日スコアを4つ伸ばし4位に浮上。7打差でデイを追いかける。「ここ2、3週間はショットが今ひとつだったけれど、今日は最高に良いショットが打てた。明日はジェイソンを逆転するためにベストを尽くす。もし63、62で回ったらまだ何が起きるか分からない」と闘志を込めた。

【3日目の順位】
1位 :ジェイソン・デイ(-20)
2位T:ダニエル・ベルガー(-14)
2位T:スコット・ピアシー(-14)
4位:ローリー・マキロイ(-13)
5位T:ダスティン・ジョンソン(-12)
5位T:リッキー・ファウラー(-12)
5位T:ケビン・ナ(-12)

11位T:ジョーダン・スピース(-10)他

18位T:松山英樹(-8)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>