<ANAオープン 2日目◇18日◇札幌ゴルフ倶楽部・輪厚コース(7,063ヤード・パー72)>

 最終9番ホールはもう少しでイーグルかというスーパーアプローチ、「あそこまでいったら入ってくれれば良かったのにな」と悔しがったが、バーディフィニッシュで3日目の最終組に食い込んだ。4アンダーの4位タイからスタートした谷口徹は6バーディ・2ボギーの“68”で4つスコアを伸ばしトータル8アンダー。石川遼と並ぶ2位タイで決勝ラウンドに臨む。

今季の国内男子ツアーをフォトギャラリーで振り返る!
 今季は激しいトレーニングを重ね「12番(パー5)では頑張って打って2オンした。今までは乗った記憶がないんで飛距離は出ている」と胸を張る。トータル12アンダーで4打先をいくプラヤド・マークセン(タイ)には「49歳でかる〜く振ってるのに飛ぶしね。飛ばしの秘訣教えてもらわんと…(笑)」と語るなど、今は飛ばしに生きる47歳は明日の石川との同組にも心を躍らせる。

 「ボード見ていて(石川の)前を回るのは嫌だなと思っていた。なかなか一緒に回ってもらえないのでね。向こうも変わっているかもしれないが、向こうも僕がどう変わっているか知らないでしょ」とニヤリ。谷口が石川と同組で回るのは実に2011年の「ゴルフ日本シリーズJTカップ」第3ラウンド以来。互いに変化を見せつけ合う18ホールとなるはずだ。

 もちろん、ターゲットは石川だけではない。「誰かにじゃなくて、みんなに勝ちたい。勝ちたくなくなったら引退だと思うので」と表情を引き締める。そんな勝負師の魂は、日曜日に予定されていた次女の運動会に話が及んでも止まらない。

 「最近はゆとり教育世代なんで順位とかはあまり関係ないらしいんですよ。僕としては幼稚園でも競争意識をもって、努力することを覚えることが大事だと思うんですけどね。結果はでなくても、頑張ってできた時の喜びをわかってくれたほうがいい」。

 若手に負けない向上心と努力で競争に生きてきた47歳には、ちょっと理解し難いこのご時世。娘よ見ておけ。それなら、親が背中で語ってやる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>