<ANAオープン 2日目◇18日◇札幌ゴルフ倶楽部・輪厚コース(7,063ヤード・パー72)>

 北海道にある札幌ゴルフ倶楽部・輪厚コースで開催されている、国内男子ツアー「ANAオープン」。初日を5アンダーで終えた池田勇太は連日となるイーグルなどで2つスコアを伸ばしトータル7アンダーの4位タイで予選ラウンドを終えた。

初日のプレーをフォトギャラリーで振り返る!
 この日は2番でボギーが先行するも、5番でイーグルを奪うと9番パー5ではバーディを奪取。後半はスコアを伸ばせず「無駄が多すぎるし、いいところと悪いところの差が激しすぎる」と表情を固くした。東日本豪雨被災地近郊で開催される、次週の対応について開幕直前まで主催者と調整を続けるなど、選手会長としての職務をこなしながら迎えた本戦のラウンドだったが、主催のANA契約のホストプロとして本業でもしっかり結果を残した。

 ところで、「ANAオープン」は今大会からホール表示や看板などのデザインをリニューアル。今年から同社が主催になった米国女子メジャー「ANAインスピレーション」と同様の会場作りを施している。16番に設置された大きなジェット機がプリントされたビッグボードもその一つ。池田自身も「すごく新鮮に感じるし個人的には好き。いい形でもっとPRできればいいね」と好印象を抱いている。

 池田といえば紫のウエアがトレードマークにもなっているが、今大会はそれも封印。練習ラウンドから含めて6日間すべてでANAブルーのウエアに身を包む。「空高くね。上が伸ばしているので明日はガンガンいきたいと思う」。逆転優勝へ向けてビッグスコアは必須条件。勝負のムービングデーへ、テイク・オフの時間だ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>