<ANAオープン 2日目◇18日◇札幌ゴルフ倶楽部・輪厚コース(7,063ヤード・パー72)>

 開幕前の公約通り、攻めに攻めた予選ラウンド。国内男子ツアー「ANAオープン」の2日目を終えてトータル8アンダーとした石川遼は、この日もドライバーを多用する攻めのゴルフを貫いて、谷口徹と並んで2位タイで決勝ラウンドへコマを進めた。

初日のプレーをフォトギャラリーで振り返る!
 「最後の方は少しディフェンシブになってしまった」と2日目の終盤はややバタついた。15番ではラフからのセカンドを「大ダフリしてテレビにも映っていて(苦笑い)」。ここは約2メートルのパーパットを沈めたものの、続く16番では3パットのボギー。17番パー5もティショットを曲げて厳しい位置からのセカンドショットを強いられた。

 それでも、ティショットを反省こそすれ、めげることはない。「スイングさえさせていただければ、パーはとりますよって気持ちでやっていた」。林からのセカンドは出すだけとなり、バーディパットは右手前カラーから約10メートルが残ったものの、これを沈めてバーディ。同じくドライバーを握ってティショットを曲げた最終18番も、“さあ、お立ち会い”とばかりに腕まくり。

 「130ヤードを5番アイアン。キャリーを80ヤードくらい出して50ヤードコロがすイメージ」。ギャラリーに囲まれながら、ラフからのセカンドはインテンショナルにスライスを打ってグリーン前まで運ぶと、ボールが見えないほどのラフからのアプローチをこともなげに寄せてパーセーブ。連日となる“68”のラウンドを大歓声の中で完結させた。

 攻めの姿勢に伴うリスク。この日もフェアウェイキープ率は決して高くなかったが、ラフからのコントロールされたショットが光った。北海道のゴルフ場で多く採用される洋芝のラフは、同じく洋芝の米ツアーでの経験値が大いに活きる。この輪厚コースはペレニアルライグラスと呼ばれる品種で少し水分を含んだ粘り気のある質感はもう慣れたもの。

 フェースとボールの間に芝が挟まることによりスピン量が減ってボールが飛びすぎる“フライヤー”もしにくいのが特徴だが、1番では「距離感を合わせられた」と左ラフから100ヤードを1.5メートルにつけてバーディ。「このライならこうフェースを開いて、こう振ったら、こういう当たりが出るかなと予想がしやすい。逆に今は高麗芝のラフはブランクがあるので練習が必要ですね(笑)」。海外を主戦場に過ごしてはや3シーズン。難しい洋芝のラフからの対応は日本ツアーメンバーにはないPGAクオリティだ。

 「正直ここまでのスコアで2日間回れると思わなかった。僕はこのプレースタイルが輪厚に合っていると思う。ドライバーで打っていく道筋も見えている。ティショットでアドバンテージを取りたいし、基本的には強気にいく」。どこか攻めにくい印象の合った輪厚も、洋芝のラフも恐れるものは何もない。首位と4打差を追いかけるムービングデーは、攻めの気持ちもさらに強くなる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>