<ANAオープン 2日目◇18日◇札幌ゴルフ倶楽部・輪厚コース(7,063ヤード・パー72)>

 国内男子ツアー『ANAオープン』は2日目の競技が終了。この日、この日首位からスタートしたプラヤド・マークセン(タイ)が2日連続の“66”でトータル12アンダーに伸ばし首位をキープ。2位に4打のリードを持ち決勝ラウンドに駒を進めた。

ここまでの国内男子をフォトギャラリーで振り返る!
 トータル8アンダー2位タイにはともに“68”でラウンドした石川遼と谷口徹の2人がつけた。続くトータル7アンダー4位タイに池田勇太、平塚哲二、ムン・ギョンジュン(韓国)の3人が並んだ。トータル6アンダー7位タイに宮里優作、今平周吾、冨山聡、イ・キョンフン(韓国)の4人がつけた。さらに昨年覇者の宮本勝昌、小田龍一、平本穏がトータル5アンダーで11位タイとした。

【2日目の結果】
1位:プラヤド・マークセン(-12)
2位T:石川遼(-8)
2位T:谷口徹(-8)
4位T:池田勇太(-7)
4位T:平塚哲二(-7)
4位T:ムン・ギョンジュン(-7)
7位T:宮里優作(-4)
7位T:今平周吾(-4)
7位T:冨山聡(-4)
7位T:イ・キョンフン(-4)

<ゴルフ情報ALBA.Net>