<マンシングウェアレディース東海クラシック 初日◇18日◇新南愛知カントリークラブ 美浜コース(6,374ヤード・パー72)>

 愛知県にある新南愛知カントリークラブ 美浜コースを舞台に開幕した国内女子ツアー「マンシングウェアレディース東海クラシック」。その初日、松森彩夏が7バーディ・1ボギーの“66”でラウンド、6アンダーで単独首位に立った。

会場からお届け!ライブフォトで試合をチェック
 1打差の5アンダー2位に今季好調の若林舞衣子。続く4アンダー3位タイには、ホステスプロの大江香織、木戸愛、森田理香子、ペ・ヒキョン(韓国)、昨年覇者の申ジエ(韓国)、そして注目のアマチュア・勝みなみの6人が並ぶ。米ツアーを主戦としている横峯さくら、宮里美香はともに1アンダー28位タイ発進となった。

 また、ホステスプロの一人、イ・ボミ(韓国)は3バーディ・3ボギーの出入りの激しいゴルフでイーブンパー48位タイ。先週の「女子プロゴルフ選手権 コニカミノルタ杯」を制したテレサ・ルー(台湾)は1ラウンド終了後、体調不良のため棄権している。

<ゴルフ情報ALBA.Net>