<ANAオープン 2日目◇18日◇札幌ゴルフ倶楽部・輪厚コース(7,063ヤード・パー72)>

 今季国内ツアー初出場の石川遼は、『ANAオープン』2日目を5バーディ・1ボギーの“68”で回り、トータル8アンダーまで伸ばし単独2位に浮上した。

石川遼の初日をフォトギャラリーで振り返る!
 大会2日目は8時15分より1番ティからスタートした石川。するとその出だし1番で幸先よくバーディ発進を決めると5番、9番でも伸ばし7アンダーで折り返す。後半では1つボギーを叩くも14番、17番でバーディを奪い8アンダーでホールアウトした。

 ちなみに現在首位はプラヤド・マークセン(タイ)。首位からスタートしたマークセンは4連続を含む8バーディを奪取。“66”をマークしトータル12アンダーとした。

<ゴルフ情報ALBA.Net>